「IWC 技術の結晶」

2007年に発表され、44mmの大型ケース、セラミックベゼル、バックスケルトンというスポーティな機械式時計の魅力を凝縮したモデルと言えますしかしながら技術屋のIWCらしく、決してデザイン一辺倒に製品作りを行っている訳でない事は、細部に目を移して頂ければすぐにお分かりいただけます小さな動きでも効率よくゼンマイを巻き上げられる、自社開発ムーブメントCal.80111を搭載。その優れたムーブメントの恩恵を受けるがごとく採用された立体感に富む大きく幅の広い時分針、そして高級時計の一つの基準とも言えるダイヤル外周までしっかりと伸びた秒針が、正確な時をオーナーに伝えてくれますまた、ベゼルに用いられたセラミックは精悍な印象を与えるとともに、高いスクラッチ耐性を備えています。そして、ソストストラップはアクティブな印象を演出すると同時に、手首へしなやかな装着感を与えてくれますIWCスーパーコピーとメルセデスAMG、『テクノロジーの限界を押し広げる』という両社にとって共通した企業理念のもと制作され、ケースにはIWCの得意分野とも言えるチタンを採用し、ダイヤルは赤をアクセントにした控えめながら存在感の強いデザインとなっていますまた、同社伝統のペラトン自動巻機構を備えたムーブメントを軟鉄製のインナーケースで保護する事で80,000A/mという高い耐磁性能を持ち合わせていますぜひこの2モデルで、インヂュニア(エンジニア)と名付けられた時計の魅力を存分に味わってください。堅牢で実用性に富む機械式時計の世界を垣間みる事が出来るはずです。

Share on Facebook

Posted in SLIDER | No Comments »

October 30, 2008

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*